HOME 〉二川浩樹 プロフィール
二川浩紀教授プロフィール

略 歴

1986年に広島大学歯学部歯学科を卒業後、同大学大学院に入学、
1990年に学研究科修了、歯学博士となる。
_広島大学歯学部付属歯科技工士学校、 歯科衛生士学校校長、歯学部講師を経て、
2005年より広島大学教授。
2008年より口腔健康科学科長・ 歯学部長補佐。
2012年より同副学部長。
2016年より医歯薬保健学研究科副研究科長。
国立大学法人 広島大学


受 賞

2013年_4月16日 平成25年度文部科学大臣表彰 科学技術賞
2014年11月10日 広島大学学長表彰


専門・研究課題

■Candida albicansとカリエス
■口腔内常在細菌叢とカリエスリスク
■自然免疫とCandida
■プロバイオティクスの口腔への応用
■固定化抗菌剤Etakの開発と抗菌・抗ウイルス加工
■MR画像からの顎関節シミュレーションモデルの構築


主な業績

「ロイテリ菌」の発見
虫歯菌の発育を阻止し、殺菌効果のある乳酸菌の一種。

固定化抗菌剤を改良した4級アンモニウム塩をもつ
エトキシシラン系の新規化合物である「Etak」の開発。

Etakは、水やエタノールあるいはその混合の溶媒に溶解することができ、0.06%程度の低濃度で布、木、ガラス、金属などに室温で数分間で固定化が可能である。処理した表面には、抗菌性がありグラム陽性菌(黄色ブドウ球菌、MRSA、表皮ブドウ球菌、セレウス菌、虫歯菌など)・グラム陰性菌(大腸菌、O157など)を接触性に殺菌する。また、エンベロープを持つウイルスも接触性に不活性化でき、A型インフルエンザウイルス(ヒト、トリ、豚)、B型インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、(AからE型)肝炎ウイルス、はしかウイルス、ヘルペスウイルス、ムンプスウイルス、狂犬病ウイルスなどに有効である。Etakを用いることで容易に抗インフルエンザウイルス加工が可能になるため、空気感染や接触感染のによる感染拡大のリスクを下げることが期待できる。

「L8020菌」の発見
むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の発育を阻止する、殺菌効果のある乳酸菌の一種。広島大学歯学部生物クラブバイテックの学生たちとともに研究を行う。四国乳業の協力で作成したヨーグルトを用いたヒト試験で、ヒトの口(口腔内)から、むし歯菌と4種類の歯周病菌を効果的に減らすことを明らかにしている。


主な著書

『義歯の洗浄』
 デンタルダイヤモンド社 2002年(浜田泰三、夕田貞之と共著) ISBN 9784885107979

歯科口腔抗菌考
 メディア株式会社 2015年(EtakとL8020について詳しく記載があります)

二川教授の著書を探す(Amazon)

参照:Wikipedia